Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
New Entries
Recent Comment
  • 奈良公園室に、高畑ホテル建設問題で申し入れ
    さちほ (12/04)
  • 奈良公園室に、高畑ホテル建設問題で申し入れ
    山下 (12/04)
  • JR奈良駅前で、署名と宣伝。
    さちほ (09/05)
  • JR奈良駅前で、署名と宣伝。
    藤田恭子 (09/04)
  • 治安維持法犠牲者「階戸義雄の事績を語るつどい」
    さちほ (11/14)
  • 治安維持法犠牲者「階戸義雄の事績を語るつどい」
    kawai (11/13)
  • 天理市が計画しているごみ焼却場の広域化計画、住民の反対運動がおこる
    さちほ (10/11)
  • 天理市が計画しているごみ焼却場の広域化計画、住民の反対運動がおこる
    増田 (10/11)
  • 奈良公園にホテル建設をする現状変更をみとめた文化庁に「審査請求」を提出。
    さちほ (09/08)
  • 奈良公園の環境を考えるシンポジウム開かれました。
    さちほ (02/26)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
名勝奈良公園高畑の高級ホテル建設の中止を求める裁判提訴。

 今日は、奈良公園高畑裁判所官舎跡地へのホテル建設の中止を求める裁判を、奈良公園の自然を守る会、高畑住民の会のみなさんらで、奈良裁判所に提訴しました。

 

 これまでも、奈良県に対して、4万筆の署名を届け、中止を求めてきましたが、聞く耳持たずです。文化財保存法、古都法に違反し、都市公園法でも認められないホテル建設の強行は許せない。

 

 夜は、県とヒューリック等の建設会社がそろって、住民説明会が開かれました。県は、東京オリンピックに間に合わせるため、1月7日には工事を開始したいと説明しましたが、住民は、納得できません。

 

 今日の説明会でも、住民の不安や疑問に答える態度ではなく、事業者と自分たちの都合を優先。まったく、誠意のない説明に、皆さん、怒り心頭です。

 

 工事を拙速にするのではなく、しっかりと説明すべきと、工事の延期、再度の説明会を要求。建設中止するまでがんばります。

 

   

   裁判所に向かう住民のみなさん。

posted by: 山村さちほ | 地域のこと | 23:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
水道法改正案が強行採決。奈良県はどうなる?

 水道の広域化や民営化を進める水道法の改正案が強行採決されました。奈良県当局は、喜んでいます。

 

 奈良県では、法改正の前から、奈良モデルとして、水道広域化をすすめており、県全体を奈良市・桜井市・御所市の3つの浄水場に集約して経営を一体化する。さらに、簡易水道エリアを一体化して経営統合を進める計画です。法改正によって後押しすることになります。

 

 県は、当面は、民営化を目指していないといいますが、業務の民間委託を進めるとのことですから、公的な責任はどうなるのか。住民の命に係わる水について、広域化になれば、住民の監視や意見が届きにくくなります。広域化すれば、災害時の危険が増すことは、この間の事例からも明らかです。住民参加の議論が必要です。

 

    

 

   

posted by: 山村さちほ | 議会のこと | 23:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
赤旗日曜版山本編集長が「赤旗日曜版の魅力」講演。

 午前は、後援会の皆さんと、街角宣伝。ずいぶんと寒くなってきましたが、家の中から出てきて激励してくださる方も。「今、日曜討論見ていました。がんばってほしい」と、声をかけてくれました。

 

 今日は奈良マラソンで、全国からたくさんの参加で、奈良市内はにぎわっています。

 

 午後は、赤旗日曜版の山本編集長を迎えて講演会。赤旗の魅力を語っていただきました。週刊誌としては、全国一の部数で、赤旗の紙面に登場すると反響が大きい。

 

 タブーなく、どんな問題にも切り込み、真実を報道することができることが、一番の魅力です。先日登場した、内閣官房参与の藤井氏が消費税反対と発言。安倍内閣に衝撃が走ったそうです。

 

 日曜版のクイズは、毎回4000通を超える応募があって、大人気。紙面へのご意見もいろいろ寄せられ、励みになっていること。

 

 政党機関誌として、野党共闘の前進に、大きな役割を果たしていること、地方議員や支部の皆さんと共同で作る新聞、読者に結びついて、役立つ記事ができることと、縦横に語っていただきました。

 

 新聞全体が、減少傾向にあって厳しい中、日曜版の魅力を語って、もっともっと、多くの方に広げたい。

 

    

 

 

posted by: 山村さちほ | 雑感 | 23:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
街角宣伝・地域の議会報告会。

 午前は、北村市議と街角宣伝です。昨日の国会での相次ぐ強行採決への怒りとともに、太平洋戦争に突入した12月8日にあたって、過去の侵略戦争を反省せず、いままた戦争への道を突き進もうとする安倍政権を許さない。憲法9条守り、平和への決意を訴えました。

 

 「安倍は許せない、絶対に倒してほしい」と、強く激励を受けました。

 

 午後は、都南地域の後援会の皆さんが議会報告会を開いてくださり、井上市議とともに報告させていただきました。暮らしの要望や県政、市政への質問・意見が活発に出され、無駄遣いをなくし、市民の意見を聞く政治へ変えてほしいと、ここでも強く要望されました。力をあわせて、がんばります。

 

   

posted by: 山村さちほ | 党活動 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
今井光子県議が、一般質問。

 今日から一般質問、4人が行いました。

 

 今井光子県議は、災害対策について、がんと仕事の継続について、県立高校削減計画、県立高校の耐震計画について質問しました。

 

 県立高校削減計画は、10年前の10校削減の時の教訓を生かしていないことを指摘、拙速で県民の理解を得られていない現状からみても、計画の中止を求めました。

 

 また、県立奈良高校の耐震が遅れた原因は、予算を削ったことであり、その責任を問いました。

 

     

posted by: 山村さちほ | 議会のこと | 23:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
小林てるよ県議が代表質問

 小林てるよ県議が代表質問に立ちました。

 

 知事に、消費税増税についての見解を質問。知事は、社会保障の財源として必要との立場を示しました。

 

 高すぎて払いたくても払えない国保料の軽減を図るように求めたのに対して、知事は、国は税金が不足して、社会保障費を税金で賄っている。将来の負担を残さず、現役世代が保険によって負担すべきと主張。

 

 国保は、助け合いの保険制度だから、保険料負担は当然との考えです。知事は、県民の暮らしよりも、国の財政が心配と政府の代弁者です。

 

 小林県議は、知事の姿勢を批判し、税収を増やす日本共産党の提案を示して、社会保障の国・県の責任を全うすることを求めました。

 

 このほか、水道広域化について、災害対策、県立高校耐震化問題、高校削減計画についても質問しました。

 

    

posted by: 山村さちほ | 議会のこと | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
県議会代表質問がはじまりました。

 本日より、代表質問がはじまりました。今日は、自民党・自民党なら・創生奈良の3会派です。

 

 自民党の出口議員が、知事の業績をほめたたえ、次期県知事選挙への意向を質問。知事は、次も知事として仕事がしたいと、出馬表明しました。

 

 自民党奈良も、知事をほめたたえていました。私たちは、県民の声を聴かず、奈良公園に高級ホテル建設や高校削減の強行、奈良モデルで水道・ごみ処理など広域化推進など。開発優先の荒井県政に代わる新しい知事を誕生させたい。そのために、共同を広げてがんばりたい。

 

 明日は、日本共産党の小林てるよ議員が、代表質問します。午後1時から、奈良テレビでも同時中継があります。

 

        

posted by: 山村さちほ | 議会のこと | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
登大路バスターミナルの巨大な建物が現れました。

 バスターミナルといっても、飲食物販やレクチャーホールなど、メインは大掛かりな箱物建設です。

 

 47億円もの巨額の費用をかけた建物が姿を現しました。ガラス張りの黒を基調にした外壁。建設予定のイメージ図では、まわりに植栽で緑がいっぱいでしたが、、、、どうなるのでしょう?

 

 もとは、登大路駐車場でしたから、この写真の場所からは、興福寺の五重塔も見えていました。大きな壁ができて、景観が一変しました。

 

  

posted by: 山村さちほ | 雑感 | 23:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
奈良公園室に、高畑ホテル建設問題で申し入れ

 名勝奈良公園内、高畑裁判所官舎跡地の高級ホテル建設について、奈良県が12月17日に工事に着工するとの情報がありました。

 

 奈良の自然と文化遺産を守る会のみなさんと、公園室に申し入れました。いまだ、近隣住民との合意ができていない中で、工事の強行は許せません。

 また、先日、日本イコモスが、奈良県の担当者を呼んで説明を求めた件で、どのような説明をしたのか、質問。回答を求めています。

 

 公園室長は、日程は決まっていないが、12月中下旬に工事をはじめる予定であり、12月11日に地元への説明会を開くと答えました。すべて、順調に進んでいるとの回答でした。

 

 住民の反対は何の問題もないと、全く意に介していません。とんでもない。ひきつづき、工事の中止を求めていきます。

 

     

      すっかり、葉っぱを落とした大イチョウ。黄色いじゅうたんです。

     

 

posted by: 山村さちほ | 地域のこと | 23:51 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
住宅地に太陽光発電。

 「小さな集落のなかで、もともと住宅が建っていたところに太陽光発電の事業を始めると業者がやってきた。隣近所の住民で反対しているが、困っている」と、相談がありました。

 

 現地に伺って、お話をお聞きしました。景観の美しい昔ながらの集落です。こんな住宅のそばに突然太陽光パネルなんてと、皆さん驚き、景観が一変してしまう。大阪の方が施主で、安全対策はだいじょうぶだろうか、などなど、不安がいっぱいですが、事業者からは、丁寧な説明もなく、話し合いができないとのこと。

 

 自然エネルギーを活用することは、大事なことですが、住民との合意はどうしても必要です。災害対策や環境への配慮など対策もなくてはなりません。

 

 奈良県内でも、あちらこちらで、環境や災害の危険や住民との合意ができないなど、問題が起こっています。県や市が、条例を作って、対策を進めている地域もあります。奈良でも必要です。

 

  

posted by: 山村さちほ | 地域のこと | 23:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |